人気TwitterクライアントJanetterが認証上限に達し新規登録打ち切り

001713
Twitter
クライアント
として「Janetter」はスゴイ有名なんですが、なんとTwitterのユーザー認証数上限に達し、アカウントの新規登録ができなくなってしまったようです。

タイムラインが更新できないエラーがあったようですがバージョンアップで対応しました。今Janetterを再インストールするとアカウント認証ができなくなるので注意!

そもそも上限があったのか

Twitterの認証数に上限があったとは驚きです。なんのためにそんなの設けてるんでしょうかね…過去に「Tweetro」というTwitterクライアントが同様の現象がおき、無料版が終了し有料版のみになったそうで。

このまま新規登録ができない状態なら有料ユーザーも当然増えないわけで、Janetter側にとっても不利益ですからJanetterも無料版が終了するのかもしれませんね…(現状では有料版は新規登録可能らしい?)

それと、今回のタイムラインが更新されない不具合で再インストールするひとが結構いるようで、そのタイミングとうまくあえば新規登録できるようですね。

ちなみに上限は10万人アカウントらしいです。どうしても無料版Janetterを使いたい人は根気強くやればいけるかも?

新しいPCやOSの再インストールなどでJanetterを再インストールしないといけなくなったとき

android版はわかりませんがPC版では設定をバックアップすれば大丈夫なようです。

なお、「Janetter」のWindows版はアプリケーションデータフォルダ(エクスプローラーで『%appdata%』と入力して表示されるフォルダ)以下の“Jane\Janetter2”フォルダに設定を保存している。そのため、既存ユーザーが新しいPCなどに「Janetter」をインストールした際は、このフォルダを新しいPCにコピーすることで再認証を行わずに同じ環境を使い続けることが可能だ。

また編集部にて、アプリケーションのクラウド同期サービス“Synclogue”を利用することで、「Janetter」を複数環境にて再認証なしで利用できることを確認した。ただし、いずれもジェーン社の保証する使い方ではないため、自己責任で行ってほしい。
「Janetter」PC版がTwitterの認証数上限に到達、既存ユーザーも含め新規登録が不可能に - 窓の杜

また、過去に一度JanetterでTwitterと連帯済みのアカウントならば次の方法で登録できる可能性があるらしいです。

  1. アカウントの新規登録で『現在、このアプリケーションはこれ以上ユーザーを認証できません。』というページが開いたら、ページのURLから末尾の“&force_login=true”を削ったURLにアクセスする。
  2. ページの右上にある“ログイン”をクリックしてTwitterにログインする。
  3. 認証画面が表示され、認証が可能となる。

なお、URLを削って表示されるページは、見た目上は最初のページと変わらない点に注意。
「Janetter」PC版がTwitterの認証数上限に到達、既存ユーザーも含め新規登録が不可能に - 窓の杜

コメント

非公開コメント

フリーソフト万歳について

サイト作成日:2007/03/01
管理人:zd
フリーソフト万歳について
管理人の環境:Windows 8 / Mac OSX Yosemite / iPhone6 / Android

最近の記事+コメント

人気記事

ブログパーツ

FC2カウンター