複数のHTML&テキストファイル内を一括置換するフリーソフト - TextSS

textSSの起動画面
Dreamweaverのテンプレート機能を使うと一括置換できますが、
高価なソフトなんでもってない人のがおおいでしょう。
サーバーがSSIやPHPに対応していれば、共通メニューなどを変更するだけ
なんで楽ですが、無料サーバーではほとんど対応してないですね。
そこで、TextSSを使えば、大量のHTMLやテキストファイルを一括置換できます。
HTMLだけじゃなく、テキストファイルにも対応しているので
ホームページを持っていなくても使い道はあると思います。

ダウンロード:TextSS 3.21の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

詳細

複数のHTMLやテキストファイルの中を一括置換するフリーソフトです。特徴としては、EUCやJISの日本語コードに対応、改行コードのみを置換する機能の搭載、バイナリレベルでの置換処理機能、検索文字列はもちろん置換後文字列にもワイルドカードを指定できる機能、正規表現機を搭載していることです。このソフトを使えばファイルを1つ開いて置換して閉じるという面倒な置換作業をあっという間に行うことができます。置換するファイルの選択も階層フォルダ検索に対応しているのでフォルダの中にフォルダがあってもすべてのファイルを置換対象にでき、ワイルドカードの指定(*.htmやyama*.txt等)もできます。ファイル一覧では1つ1つのファイルを置換するかどうかを設定でき、関連アプリケーション(ブラウザやメモ帳)で開いて確認することもできます。改行を含む置換が行えるので単なる文字列だけではなく文章ひとかたまりで置換が行えます。検索文字列内でワイルドカードを使用することができるので「今日は*です。」という指定で、「今日は」で始まり「です。」で終わる文字列を置換するあいまい置換にも対応し、さらに置換後文字列にもワイルドカードを指定できる優れものです。置換を開始すると、置換候補を本当に置換していいのか確認画面が表示されるので、どんな文字列が置換対象になっているのか簡単に確認できてワイルドカードを使用した置換も安全に行えます。
バックアップ機能を搭載しているので置換操作を間違っても元に戻すこともできます。初心者の方でもすぐに使い方が分かるようにステップガイドを搭載し、上級者でも満足できる高度な機能を搭載してます。また、拡張子 .bak でバックアップファイルの作成する機能や指定フォルダの .bak ファイルをすべて削除する機能などの補助機能も充実しています。ホームページのあちこちに書いたメールアドレスを一発置換したり、ヘッダ情報を一括置換したい人はぜひ使ってみてください。
なお、ライト版はフルセット版のバージョンアップ用ですので、ご利用になるにはTextSS のフルセット版、またはVB6(SP5)ランタイム と 漢字変換モジュールNKF32.DLL と 正規表現モジュール BREGEXP.DLL が必要になります(説明書内に必要なファイルや入手先を記載してあります)。

インストール

setup.exeを実行します。
パソコンのアイコンみたいなのをクリックするとインストール開始。

僕の場合、途中で予期せぬエラーが発生しましたと言われましたが、
無視してそのままインストールを続行しました。

使い方

画面下のほうに、ステップガイドというのがあります。
そこを見ながらやればできるはず。

結構多機能です。
ヘルプも同時に見ながら進めてみてください。

コメント

非公開コメント

フリーソフト万歳について

サイト作成日:2007/03/01
管理人:zd
フリーソフト万歳について
管理人の環境:Windows 8 / Mac OSX Yosemite / iPhone6 / Android

最近の記事+コメント

人気記事

ブログパーツ

FC2カウンター