フリーソフト万歳 > フリーソフト > 最適化 > 日本語で使えるGlary Utilitiesの使い方

日本語で使えるGlary Utilitiesの使い方 

image100 
Glary Utilitiesを使えば、1クリックでさまざまなことができ、PCを最適化できます。
評価も結構いいソフトです。
最近PCが調子悪いって人は使ってみるのもあり。
日本語です。Glary Utilitiesにウイルスが混入
していたことがあったみたいですが、今は問題ない。文字化けもしない。
続きは使い方

ダウンロード:窓の杜 - Glary Utilities


1クリックメンテナンスを使の使い方

image101
その名の通り、1クリックでPCのいろんな問題点をスキャンできる機能ですぜ。
できることは、

  • レジストリクリーナー
  • ショートカットの修復
  • スタートアップの管理
  • 一時ファイルクリーナー
  • インターネット履歴の削除
  • スパイウェアの削除

これらのことが1クリックでできるよ。

モジュールではさらに細かく、PCを最適化できます。

クリーンアップ、修復

image102

  • ディスククリーナ

    これはwindows標準の奴
  • レジストリクリーナー

    レジストリをきれいに。
  • ショートカットの修復

    パスが存在しないショートカットを見つけて、修復します。
    といっても、削除するのがほとんど。
  • アンインストールの管理

    アンインストールの管理っていうのは、
    まぁプログラムの追加と削除ですね。

最適化、性能向上

image104

  • スタートアップ管理

    スタートアップから起動する不要なもんを削除できます。
    遅延ってのは、遅らせて起動させることっす。

    重いプログラムをスタートアップに登録している場合、
    こうすることで高速化できる場合があるよ。
  • メモリの最適化

    これは別に最適化ソフトを入れた方がいい。
    メモリ最適化ソフトの決定版 | フリーソフト万歳
  • コンテキストメニューの管理

    コンテキストメニューってのは右クリックのメニューのことです。
    知らず知らずに肥大化した右クリックメニューを整理できます。

    また、新規作成もできたり、送るも整理できる。
  • レジストリデフラグ

    レジストリのサイズを削減する。
    やるときは再起動後がいいかなぁ。
    やった後も再起動が必要。

個人情報、セキュリティ

image107

ファイル、フォルダ

image106

ここでは、それひとつでソフトになっているようなことが、
これ一個でできるよ。
もちろん一つ一つの機能は劣るが・・・

システムツール

image108

  • プロセスの管理

    タスクマネージャーみたいな
  • InternetExplorerアシスタント

    IEのコンテキストメニューとか、いろいろできる。
    結構便利かもしれん。

    image109
  • システム情報

    CPUとかそういうパソコンの情報が見れる。
  • Windows 標準ツール
    image111
    Windowsのよく使う機能にアクセスできる奴。

メニュー

  • 復元センター

    システムの復元だけじゃなくて、
    Galary Utilitiesで加えた変更を戻すことができる。

設定

  • 一般

    スタートアップで起動するかの設定とか、 言語の設定とか。
    もちろん日本語。

    メインはコンテキストメニューかな。

    エクスプローラーGalary Utilitiesの機能を統合できるよ。
    できるのは、

    ディスク容量解析
    削除
    暗号化
    復号化
    分割
    結合
    空のフォルダを検索
  • 復元センター

    バックアップを削除するまでの期間の設定。
    この期間、正常に動けばバックアップはもう削除していいだろっていう
    時間を設定する。
  • 除外リスト

    レジストリをスキャンするときの除外リスト。

このカテゴリの最新記事も見てね!

関連タグリスト

使い方 日本語 ウイルス GlaryUtilities 評価 文字化け
[ 2011/04/27 20:46 ] 最適化 | TB(0) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL